ちょっとしたコツでステキな名刺を印刷しましょう

最近、名刺をインターネットで注文して印刷する会社が増えています。何故インターネットの印刷会社が選ばれているかと言うと、とてつもなく安い金額にあります。ですが、企業でも名刺は内製できます。必要なものは、名刺作成専用のプリンタと、名刺専用用紙があれば作成できます。あと、名刺レイアウトソフトが必須になってきますが、よく使用している文書作成ソフトや表計算ソフトでも名刺は作成できます。フリーソフトもインターネットで検索すればありますし、デザイン用のアプリなどでも今は作成できます。会社のロゴやマスコットなどがあって、それを名刺に載せたい場合は、スキャニングしてレイアウトソフトにレイアウトさせれば、自分で素敵な名刺を作成することができます。印刷会社に頼むのが一番ですが、少しの工夫で素敵な名刺は自分でも作れます。

名刺を素敵に印刷することができるコツとは

名刺を印刷するにあたり、一番重要なのはやはり用紙です。名刺は人に渡すものですので、紙にきちんとコシがないと名刺として成り立ちません。ですので、きちんとコシのある用紙を使用するようにしてください。大型電気店などで販売されているので、店員さんに名刺を作成するための用紙を探しているという旨を伝えると、色々な用紙を紹介してくれるはずです。次は名刺サイズに裁断する裁断機が必要になってきます。やはり名刺は持つその人の顔にもなりますし、会社の顔になる重要なものとなります。できれば名刺カッターがあれば一番キレイに仕上がりますが、もしない場合は最初から名刺サイズになっている名刺専用用紙をしようしてください。決してマイクロミシンやクリアカットの名刺用紙を使用しないでください。こちらはキレイに名刺を印刷できません。

名刺を印刷するうえでの重要なポイント

名刺に持たせる意味は、人それぞれ異なってきます。自分の名前を相手にしっかりと覚えてほしい人、名前だけでなく顔も一緒に覚えてもらいたい人、会社名も覚えてほしいけど、自分の役職も覚えてもらいたいと思っている人など様々です。名刺を作成して印刷されてきた時、どこにポイントが置かれているか、それは、名刺のレイアウトにかかっています。まず、載せなければいけないのは会社名と自分の名前は必須です。あとは自分の役職や連絡先、メールアドレスや自分の携帯番号なども必要でしょう。人によって戦略やアピールポイントが違う為、名刺のデザインはかなり重要です。とにかく名前を覚えてもらいたい人であれば、名前を強調したデザインの名刺にした方がよいですし、自分のポジションや自分という存在をアピールした場合なら、役職や顔写真などを強調したデザインがおすすめです。