ステキな名刺の印刷の方法を考えます

名刺はビジネスシーンだけでなく、プライベートでもよく使われるアイテムです。名刺は自分を相手に印象付けるアイテムであると同時に、自己紹介が簡単にできるアイテムでもあります。プライベートシーンやビジネスで名刺を渡す時に、より印象に残る名刺を作っておきたいものです。相手への印象付けを強くするためには、インパクトのあるものを作成しておくことが必要です。名刺がきっかけで相手とのコミュニケーションも円滑に進むかもしれません。名刺はある意味もう一つの自分の顔とも言えるものですから、自分が気に入って満足のいくものを作るためには印刷会社に頼む前に考えておくべきことがあります。デザインはもちろんですが、名刺に載せる内容、レイアウト、選ぶ台紙の質感や色合い、全体のイメージなどです。

文字だけよりも印象に残りやすい名刺

最近では、名刺の印刷を依頼する際に文字だけでなく写真やイラストを入れることも簡単にできるようになっています。実際、文字だけの名刺よりも顔写真が載っている名刺の方が相手の印象に残りやすいです。顔写真入りの名刺は恥ずかしいという方もいますが、他の人と差をつけて相手への印象付けをしたいのであれば、写真を入れるのはおすすめの方法です。名刺は表面だけでなく、裏面も活用すると良いです。表面だけを使って裏面は真っ白というのはもったいないことですので、裏も是非活用してみて下さい。ビジネスで使うのでしたら、自分のプロフィールや業務内容、会社の実績などを書くと良いでしょう。たかが1枚の名刺ですが、表面と裏面を活用して内容の濃いものを作成すれば、会社のイメージアップにもつながります。

名刺印刷をする上でのデザインのコツ

名刺の印刷を行う時に、デザインでどんな色を使用するのかはとても大切なポイントです。最近ではカラフルなものが増えてきたとは言え、ベースをどんな色にしたら良いのかは迷うところです。人の印象は見た目から9割が決まり、第一印象は最初の6秒から7秒で決まってしまうと言われています。名刺の色を変えることだけでも印象は変わってきますので、色の持つイメージを活用して名刺を作ってみるのもおすすめです。色にはそれぞれ意味合いがありますので、職業のイメージと合わせた色を選択することも重要なポイントです。どんな色で作れば良いのかが分からないという場合は、企業のイメージカラーを使うのも1つの手です。名刺作成に使う色は2色くらいにまとめると、洗練されたイメージのものを作ることができます。