ステキな名刺を印刷するおすすめの方法

名刺とは、そもそもどんな目的があるのでしょうか。55×91ミリのただの小さな用紙ですが、その1枚の中にはたくさんの世界が詰まっています。ステキな名刺を印刷する、その為にはまず名刺を配る目的を考える必要があるでしょう。名刺は自己紹介のアイテムです。その小さな用紙を渡す事によって自分を、自分の会社を覚えてもらい、次の仕事に繋げる事が重要です。自分の分身である名刺の中に、どんな情報を入れると、どんなデザインにすると効果的か。後でその名刺を見て自分の顔を思い出してもらえるならばそれは成功と言っていいでしょう。イマドキのデザインをデザイン会社に丸投げ、印刷するのも悪い事ではありませんが、どうせ自分の分身を作るのなら、自分を一番わかっている自分自身でデザインするのが、一番いい方法ではないかと言えます。

どんなイメージを与える名刺かを考えて印刷する事の大切さ

名刺が相手に覚えてもらう為のアイテムとはいえ、ただ目立つだけではいけません。次の仕事に繋げる為にはいい印象を与える、そんな名刺を印刷する為には、どんな事に気を配るべきでしょうか。一般的な白黒の文字だけの名刺も味気ない感じはしますが、真面目さと誠実さはしっかりと伝わります。また、文字の色を変えるだけでも印象は変わります。ブルーなら知的な感じ、グリーンなら健康・癒し、オレンジなら元気・温かい、ピンクなら優しい・かわいい、など、文字の形や大きさも重要です。小さな文字なら上品でクール、大きな文字なら元気でアクティブ。それに文字の配置、バランス、余白の取り方など、文字だけでも工夫の余地はたくさんあります。そこに会社のロゴやイラストを入れたり、背景を設定したり、顔写真を入れる名刺も珍しくありません。何を一番伝えたいかを考え、色々なパターンを考えてみると面白いでしょう。

印象に残る名刺を印刷する為のひと工夫

作りたい名刺のデザインが決まったらいよいよ印刷ですが、そこでもさらにひと工夫する事でガラリと印象が変わります。一番手軽に工夫出来る事といえば、用紙です。光沢紙を使うか、マット紙を使うかだけでも大きく変わります。同じ光沢紙でも、質によって印刷の色味も変わってきます。また、色紙を使ったり和紙を使ったり、変わった所では半透明なフィルムを使ったりなどの工夫も出来ます。これらの用紙は印刷会社ではもちろん、家庭用プリンター用に少量でも販売されています。どんな用紙を使うか悩んだら、少しずつ購入して試してみるのもいいかもしれません。更に個性を出すのならば、エンボス加工や箔押し加工を入れるのも面白いでしょう。このように工夫ひとつで他にないオリジナル性のある名刺を作る事ができます。色々な組み合わせを試す事で、自分だけの1枚がきっと見つかるでしょう。