名刺の印刷はこんな裏技があります

その人やその会社の第一印象になる名刺。そんな名刺を印刷するとき、どのような名刺がいいのか迷いますよね。名刺といっても、多種多様のデザインがあり、文字の大きさや配置の違いなど、ほんの少しのデザインの次第で相手に与えることのできる印象が大きく変わります。今回は、名刺を受けた相手によい印象を与えられるような、センスがあり、印象深い名刺を印刷するためのポイントを紹介します。名刺をデザインするときは、突然画面上でデザインを開始しても、よい名刺のアイデアがなかなか出てこないことが多いと思います。そのような場合は、まず頭に出てきたイメージを紙へ書き出しましょう。名刺に必要な情報を書き出し、それをどのように配置するのか、ロゴを入れるのか、どのような色にするのか、装飾をするのかといったことを思いつくままに書いているうちに、デザインがまとまって、いいものが見つかるはずです。

シンプルな名刺を印刷するときのデザインのコツ

一番シンプルな名刺のデザインは、会社名・氏名・電話番号・住所・という必要な情報のみ記載したデザインです。必要な情報を相手へしっかり伝えられるのでビジネスでの使用に最適です。シンプルであるからこそ文字が際立ち、工夫次第でインパクトのある名刺になります。文字の色は基本黒ですが、文字色で名刺の印象が大きく変化します。例えば青色の場合、誠実・爽やか、緑色の場合、自然や健康なイメージになります。文字の大きさについても重要な要素です。例えば小さい文字はクールで上品なイメージとなり、大きい文字は元気・アクティブなイメージとなります。さらに、項目毎で文字の大きさを変えると情報が一層わかりやすくなります。氏名と会社名を大きくしたり、一方のみを引き立てるのも良いでしょう。ぜひ自分のイメージにあった名刺を印刷してみてください。

デザインのコツをしっかり押さえて素敵な名刺を印刷しよう

名刺のデザインをする時は今回ご紹介したコツをぜひ押さえてみてください。それだけでも、素敵でおしゃれな名刺のデザインが作れることでしょう。先ほども述べましたが、まずはイメージを頭の中で膨らませてから、名刺のアイデアを紙に書き出してみましょう。さらに、パソコンの画面上で見ているデザインした名刺と、デザインした名刺を印刷したものでは、印象が違って見えることもあります。なので、デザインが終了した名刺は、必ず試し刷りを行い、レイアウトや文字の大きさを確認することが大切です。最後に、シンプルなデザインの名刺こそ、用紙にもこだわることをおすすめします。和紙やクラフト紙といった、風合いのあるものを選択するだけで文字のみのシンプルなデザインの名刺でも、センスが良く見えますよ。