船橋市の家族葬ではお通夜を行います

一般葬と同様に手厚い供養をします

家族葬は少人数のお葬式ですが、一般葬と同様にお通夜や告別式の両方を行います。一般葬と同様に、心を込めた読経をしてもらうことが出来るので、手厚い供養をすることが出来ます。船橋市の葬儀社は、地域に密着をしているので、親切で丁寧な応対を心掛けています。喪主や遺族は病人の看病や、葬儀の準備などで心身共に疲れを感じています。葬儀社のスタッフは、故人とのお見送りに時間を掛けるために、様々な雑事の代行を行っています。喪主や遺族の負担を減らしてくれるので、安心して利用出来ます。温水洗浄付き便座などの、清潔なトイレやシャワールーム、休憩所、売店などが完備されているので、ゆっくりと疲れた心身を癒すことが出来ます。十分に休息を取ることで、翌日の告別式に備えることが出来ます。

儀式が終わった後は食事をします

家族葬のお通夜は、一般葬と同様に僧侶が読経を行い、血縁の濃い人から順番にお焼香を行います。友人や知人のお焼香が終わったら、参列者に食事をふるまうことが多いです。船橋市の葬儀社では、予算に応じたお弁当やオードブルの手配を行っています。基本的には精進料理ですが、天ぷらや香の物、お刺身なども付いていることが多いです。家族や親族、親戚などで、故人の話をしながら食事をするのが一般的です。葬儀社のスタッフは、お線香を絶やさないように配慮をしてくれます。比較的少人数で行うことが多いので、食事の費用を抑えることが出来ます。事前にスタッフが食事の手配をしてくれるので、喪主や遺族の負担を減らすことが出来ます。信頼できる葬儀社なので、安全性の高い食材を使用した料理を提供しています。

開式は午後の7時から7時半ぐらいに行います

家族葬のお葬式は、棺にドライアイスを設置して遺体を安置した後に、祭壇を組んだり、遺影の写真を飾りお通夜の準備をします。豊富な種類やデザイン、大きさの祭壇が揃っているので、予算に応じた商品を選ぶことが出来ます。住んでいる地域によっても多少は違いますが、開式は午後の7時から、7時半ぐらいに行うことが多いです。親戚や親族などの身内は、友人や知人よりも早めに到着をしておく必要があります。一般葬と同様に僧侶による読経を行い、順番にお焼香を行います。祭壇の前では、香炉と抹香が準備されています。宗派によっても多少は違いますが、3回ぐらいお焼香を行うことが多いです。参列者が多い場合は、お焼香が一回になることもあります。自分の順番が回ってきたら、心を込めてお焼香を行うことが大事です。船橋市の葬儀社は、費用を抑えても心を込めたお葬式を行っています。